Doru`s Bar  

海とクラシックカメラが好き。 海はずいぶん入ってないな~~

06月 « 2018年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防塁

2008年 11月25日 21:59 (火)

kanさんよりリクエストがありましたので、元寇の防塁跡を・・・
以前に一番広範囲に復元されている一番有名な 場所を紹介しましたので、
福博在住の人も知らない??今回はマイナーな場所を紹介します。

こちらは西新の程近い場所。
国道202号の「防塁」信号より北へ入ったところ2箇所

まずはこちら
上部だけが見えている

2008-11-15c350001.jpg 


「元寇」とは鎌倉時代の後半(1274)に、当時の中国「元」が日本を支配下
  におく為、2回にわたり大軍を以て北九州に来襲した事を言う。 第1回目の
  来襲を「文永の役」と言い、この後幕府は再度の来襲に備えて博多湾沿岸の
  今津から箱崎浜まで20㎞にわたり 高さ2m巾2mの「石築地」を構築した。

   

昔はここが海岸線だった事の面影が・・・
現在は1㌔程内陸になってしまった

2008-11-15c350002.jpg  


これが現在も残る 「元寇防塁」 で、各武将に割り当て半年で完成させた。
7年後(1281) 再度来襲した「弘安の役」では、敵はこの為博多沿岸には
上陸出来ず、防備の無い「志賀島」一帯に上陸はしたが、我軍の海陸からの
出撃により一旦引き上げ、伊万里湾で再度の侵攻を準備中 大暴風に遭い
壊滅したのである。 


そして、 西南学院大学横
バックは大学の校舎
こちらは一部復元
   
2008-11-15c350003.jpg


警備体制はこの後も永きに亘って維持され、「石築地」も常に補修し、海岸線
の移動に伴って改築もされた。 (注:「元寇防塁」とは後世の命名で、当時は
「石築地」と言った。) 後年小早川隆景の名島城、黒田長政の福岡城築城の
際、近くの石築地を城石として利用したと言う事で、恐らく露出部分はこの時
持ち去られたものと思われる。

2008-11-15c350005.jpg

KONICA C35

今回あらためて調べた中で、壱岐・対馬の人々はほぼ皆殺しにされ、
女性は手の平に穴を開けられ縄を通し並べ、船につるしその状態で博多湾に入ってきたとか・・・
船の数・人の数・チンギスハーンは本気だったんだな~
ひとつ間違ったらえらい事になっていたんだな~
お~~こわ!

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

2008年11月25日 22:41

元寇の神風と防塁、昔々の授業で聞いてたくらいでまるで知らんかったんですが、
こうやって防塁遺跡がきちんと整備保存されてるんですねぇ、感動。
これは現物を初めて拝見しました。さすが日本史最前線の土地ですね。
この硬派レポートをC35でやるdoruさんも、なかなかの骨太で・・・・

2008年11月25日 23:00

こういう歴史の話を聞くと思うのですが、物騒な世の中になったといっても、この当時に比べれば平和なもんですよね。

2008年11月26日 00:24

ありがとうございます。修復されたものと違って、
こういうのがむしろ生々しいですね。
元寇は大戦争だったのだと改めて感じます。

2008年11月26日 07:47

MADAMさん、私もここに住んでいながら授業レベルの知識ですから・・

>日本史最前線の土地
このところの史跡探訪でいろいろそれらしい事が出てきて面白いです。
君が代もこの地の歌のようですし・・

FBCさん、それは言えますね。
生け贄なんかたまらんですよね(笑
ちょっと失敗するとすぐやられてますからね。
ま、そんな時代に戻しちゃいかんのですが


kanさん、チンギスハーンも本気ですがこちらもそうとう本気だったことが分かりますね。
高さは当時3mほどあったようですから・・

2008年11月26日 08:30

女性は手の平に穴を開けられ縄を通し並べって、トンでもなく痛そうだけど・・・!?!

2008年11月27日 00:55

daddyさん、らしいのです・・
無茶苦茶しますよね!
完全にやる気だったんですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。