Doru`s Bar  

海とクラシックカメラが好き。 海はずいぶん入ってないな~~

06月 « 2018年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その2・その3

2008年 11月09日 17:17 (日)

その2
傾いているし・・・
File00015.jpg


その3
File00016.jpg





なんのこっちゃ分からん!

で、確認はこちらにて・・・





重さは450kgもある銅製の大鈴で、篤信の方のご奉納によるものです。
昭和35年迄は大注連縄と共に拝殿に飾られ、ご参拝の方々が驚かれていたのですが、その重量の為、今日では鈴堂を建立し、大太鼓と共に奉安しています。

これを吊っていたなんて・・・・マジ!
img03.jpg






直径2.2メートルの日本一の大太鼓です。今日では全国に、この太鼓より大きな太鼓がありますが、当社の太鼓は全て国内より調達した材料により製作されています。太鼓の銅は檜を原木とし、その表面に漆を幾重にも重ねて音の響きを大切に致しております。その上、左右の鼓面には和牛の皮を太鼓用になめしたもので、今日の国産和牛では入手できないサイズの皮で調製されています
img02.jpg


テーマ : モノクロ
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

2008年11月09日 19:59

良く考えたら、良く見て回ってないなぁ~
明日から、近くなんで時間が取れないかな・・・う~・・苦笑

2008年11月09日 20:45

いろいろ日本一ですね。大きさだけでは負けると
材質ですか、なかなか張り合っていて面白いです。
九州人の負けず嫌いかな・笑

2008年11月09日 21:07

なるほど、2枚目には微かに大太鼓が写ってますね。
直径2.2mってことは・・・どこから入れて、出すときはどうするんでしょう?

2008年11月09日 23:41

>どこから入れて、出すときはどうするんでしょう
同じ事考えてました...
中で組んで、メンテの時は中でバラすのかな?
今同じ様な事やってるので、気になってみました(笑)

2008年11月10日 21:18

常々思うのですがこの鈴の形状って男根に似てませんか?。

2008年11月10日 21:37

nonakadesuさん、狙ってね!!
12月13日に!!

kanさん、単純に大きさで勝てばいいのに!(笑

FBCさん、どうやって出すんでしょうか?
無理やり大きくすりとあとが大変ですね(笑

SCRさん、え?何やってるんですか??
そっちに興味が移ってしまいます!(笑

foresterさん、あは~頭の方ですね!(笑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。