Doru`s Bar  

海とクラシックカメラが好き。 海はずいぶん入ってないな~~

05月 « 2018年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和の匂いを探して・・・うきは編

2008年 02月17日 19:04 (日)

お仕事で行った際に15分程度でチャッチャとやったので軽いジャブにもなりませんが、
昭和の匂いを探してみました。
ここは筑後川にほど近い田んぼのど真ん中、えらく大きな御家が目を引きました。

側面に回ると・・・・

20080212konica30014.jpg


この煙突は何なのだ?

20080212konica30015.jpg


広い敷地の半分以上は使われていない状態です。
敷地の周りにはお堀のように、水路がありました。

20080212konica30016.jpg



KONICA Ⅲ
PRESTO
D76

テーマ : モノクロ
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

2008年02月17日 20:57

一枚目の細密は描写は素晴らしいと思います。
このお屋敷には暖炉があるのでしょうね。サンタクロースが
似合いそう!なるほど昭和です。充分ジョブは入りマシたぁ!

2008年02月17日 21:37

昭和の洋風建築ですね。ただし増築部分だけ・笑
当時憧れのペチカを装備してるんですねぇ。
でも、何回薪を燃やしたんだろ。大抵しんどいので放置されてたから。
2枚目の唐突な煙突とレンガ壁の残骸、これは焼却場跡?
ひょっとして窯業工場跡なのかなぁ。この場所で風呂屋ってのもなぁ。
水路が巡ってるってのはすごいなぁ。これは想像つかんなぁ。

2008年02月17日 21:44

水路がナゾだな~ 何かの工場跡だとはおもいますけど・・
洋風家屋はあれは増築したんでしょうね。ペチカがあった所を
みると、昭和20年代か、あるいは戦前か・・・・
いずれにしても往年は立派な屋敷だったんでしょうね。

2008年02月18日 08:09

SCRさん、暖炉・そのようですね。
とてもその様な洒落た環境ではないのですが・・・・
何か事業をされていたのでしょうか?
煙突がヒントなんでしょうね。


MADAMさん、あ~ペチカか!そうでしたね!
何だったのか・・謎です・・
ただ、非常にそそられました。
もう少し時間があればもう少し捜索できましたが残念です。

フジッペさん、周りは田んぼなので筑後川の水をそちらにひいていたのでしょうが、それを家の周りを回しているのが面白いですね。
どちらにしても、相当儲かっていたんでしょうね。

2008年02月18日 12:26

昔は豪華に、今はひっそり、何かドラマの舞台みたいですね。
あの煙突も古いものでしょう。少なくとも陶磁器の窯ではないです。
あんなに高い煙突は陶磁器では使いません。そちらはかつては
繊維関係が盛んでしたから、そういうものかもしれません。

2008年02月18日 19:49

kanさん、おっしゃるとおりですね。
実際にドラマ以上のドラマが展開されたのでしょうね。
繊維関係ですか!なるほど・・想像が広がりますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。