Doru`s Bar  

海とクラシックカメラが好き。 海はずいぶん入ってないな~~

05月 « 2018年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

格子の・・・(渡辺通りの裏通りを徘徊する )

2012年 01月14日 08:40 (土)

これなんて言うんでしたっけ??
「戸」じゃないから格子戸じゃないし・・・
犬走りも最近見なくなりましたね。

本日からねぶり屋は土日のみお昼の営業を開始します。

watanabedouri0014.jpg
KODAK RETINA ⅢC
ACROS
D76

テーマ : スナップ写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

2012年01月14日 12:18

ガラスが入っていない格子だけのものは何ていうのでしょう、私も知りません。
でもちょっと昔の基本の作りと言う感じです。

2012年01月14日 19:44

doruさん!頑張るね~!!応援していますよ!
なかなか、行けないけど・・ゴメンなさい・・汗

2012年01月15日 11:49

kanさん、
そうですね。
こういうのは本当に少なくなりました。
消えてしまわぬうちに撮っておきたいです。


nonakadesuさん
いいのよ~~
応援してもらえるだけで元気が出ますよ!!
今年は攻めまくります!!

2012年01月16日 10:01

これね、京都では出窓みたいに家の柱から道路側に張り出してるみたいにつけるのを「町家格子」と言います。
柱と柱の間でほぼツライチにつけるのを「平格子」って言います。この写真のモデルさんはこのタイプですね。
目の高さより上部を切り詰めて間引きし、隙間を多くして光が多く入るようにすると、「糸屋格子」です。
生成りの木材に、焼いたり薬品や染料、塗料を染ませたりして防腐処理をするのが多いですが、
黒茶けるのが一般的、処理を工夫して柿茶けると「紅殻(べんがら)格子」と言ったりします。
日本家屋では古くからある設備ですので、地方によって呼び方が違っていると思いますが、参考まで。

2012年01月17日 22:39

MADAMさん、
流石!!
よ~くわかりました!
京都は本場ですもんね!!
まだまだ、たくさん残ってんでしょうね~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。