Doru`s Bar  

趣味の海と写真。そしてお仕事のこといろいろ書きます。  

スポンサーサイト

Posted by doru on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天空の足湯

Posted by doru on   7 comments

足湯に足をつけて見える景色は、
nonakaさんが時々出している造船所の船
何故ここに?
夏は汗出そう(笑


2009-6C350018.jpg

KONICA C35
GOLD 100
C-41

スポンサーサイト

このご時勢・・・

Posted by doru on   8 comments

もう聞き飽きた言葉ですが・・・
やはり、ご時勢なんでしょうか?
こういった移動型のお店が増えましたね~~

私もとっととはじめなければ!

2009-6C350015.jpg

KONICA C35
GOLD 100
C-41

こんなとこでも??

Posted by doru on   6 comments

もはや治安の良い田舎ではなくなってしまったのか・・・・?
バックは建設中の熊本へ向かう新幹線の橋脚。


2009-6C350009.jpg

KONICA C35
GOLD 100
C-41

黄色いカフェ

Posted by doru on   7 comments

余計なものが写っているのでパノラマ風に・・・

2009-6C350005.jpg




移転した九州大学
山が一個無くなった

2009-6C350003.jpg


ヘタレ液現像

KONICA C35
GOLD 100
C-41

糸島

Posted by doru on   6 comments

もともとは伊都国と島(現在は志摩)が陸続きになってイトシマとなったらしい。

私がおもに波乗りに行くのもこの糸島、半島に5箇所ほどのポイントが点在する。
波乗りを始めた頃は2軒しかなかったレストランも今では10店以上あるだろうか・・・
変わり者か、不良のスポーツだったサーフィンも今では女の子も沢山居て、寸ごく明るい感じになりました(笑


これまた、ヘタレ液にて現像

2009-6C350001.jpg

2009-6C350004.jpg

KONICA C35
GOLD 100
C-41

リッター3

Posted by doru on   9 comments

以前はリッター3のチェロキーに乗っていたが、このご時勢でハイブリッドにのりかえた彼。
現在リッター15、この違いは大きい!

2009-6C350013.jpg


彼の板
ここ数年流行っている、レトロフィッシュと言うタイプのボード、その名のとおり
昔のデザインで短めで厚めのボード。
私も欲しい~~~~と思っている。

2009-6C350021.jpg

温度管理がまずかったか、今回は大幅にカラー調整している。
現像液はまだヘタッてないはずだが・・薄々ネガになってしまった。

KONICA C35FM
GOLD 100
自家現像

防塁 2

Posted by doru on   4 comments

誤り
元寇側はチンギスハーンではなくその子供のフビライハーンでした。

そして生の松原(いきのまつばら)に復元されている防塁

駐車場もなくしばらく歩かないといけない

2008-11-15c350010.jpg


振り返ると・・・観覧車

2008-11-15c350011.jpg


文永の役 
そもそもフビライは数度日本に使者を出したが全て無視され、最終的に武力侵攻を決定した訳です。
ま~無視しなくても向こうの考えは同じ事だったんでしょうけど・・
それが分かっていたから無視したのかな・・・
モンゴル人・漢人・女真人・高麗人など非戦闘員を含む3万人で来襲

このあとこの防塁を設置

2008-11-15c350009.jpg
 


弘安の役
再び礼部侍郎杜世忠を正使とする使者を日本に送るが、
北条時宗は鎌倉の龍ノ口刑場(江ノ島付近)で5名を斬首に処した。
これに腹を立て2度目の侵攻となる
元・高麗軍を主力とした東路軍4万と、旧南宋軍を主力とした江南軍10万、計14万の軍で侵攻

防塁がなかったら・・・・

正面から

2008-11-15c350012.jpg

見えているのは一部で、実際はほぼ倍の高さあるが砂に埋もれている。

実は三度目も本気で狙っていたが、元の内部でも反乱が続き、日本へ軍が出せる状態ではなくなり、フビライの死と共に完全に頓挫した・・・

防塁があって良かった。

防塁

Posted by doru on   6 comments

kanさんよりリクエストがありましたので、元寇の防塁跡を・・・
以前に一番広範囲に復元されている一番有名な 場所を紹介しましたので、
福博在住の人も知らない??今回はマイナーな場所を紹介します。

こちらは西新の程近い場所。
国道202号の「防塁」信号より北へ入ったところ2箇所

まずはこちら
上部だけが見えている

2008-11-15c350001.jpg 


「元寇」とは鎌倉時代の後半(1274)に、当時の中国「元」が日本を支配下
  におく為、2回にわたり大軍を以て北九州に来襲した事を言う。 第1回目の
  来襲を「文永の役」と言い、この後幕府は再度の来襲に備えて博多湾沿岸の
  今津から箱崎浜まで20㎞にわたり 高さ2m巾2mの「石築地」を構築した。

   

昔はここが海岸線だった事の面影が・・・
現在は1㌔程内陸になってしまった

2008-11-15c350002.jpg  


これが現在も残る 「元寇防塁」 で、各武将に割り当て半年で完成させた。
7年後(1281) 再度来襲した「弘安の役」では、敵はこの為博多沿岸には
上陸出来ず、防備の無い「志賀島」一帯に上陸はしたが、我軍の海陸からの
出撃により一旦引き上げ、伊万里湾で再度の侵攻を準備中 大暴風に遭い
壊滅したのである。 


そして、 西南学院大学横
バックは大学の校舎
こちらは一部復元
   
2008-11-15c350003.jpg


警備体制はこの後も永きに亘って維持され、「石築地」も常に補修し、海岸線
の移動に伴って改築もされた。 (注:「元寇防塁」とは後世の命名で、当時は
「石築地」と言った。) 後年小早川隆景の名島城、黒田長政の福岡城築城の
際、近くの石築地を城石として利用したと言う事で、恐らく露出部分はこの時
持ち去られたものと思われる。

2008-11-15c350005.jpg

KONICA C35

今回あらためて調べた中で、壱岐・対馬の人々はほぼ皆殺しにされ、
女性は手の平に穴を開けられ縄を通し並べ、船につるしその状態で博多湾に入ってきたとか・・・
船の数・人の数・チンギスハーンは本気だったんだな~
ひとつ間違ったらえらい事になっていたんだな~
お~~こわ!

鉄塔

Posted by doru on   8 comments

モノクロかと思えばまたカラー。(笑


2007-2-12-c350041.jpg


やっぱええな~C35!!


焼き牡蠣

Posted by doru on   7 comments

波乗り帰りに牡蠣食いに行きました。
私、本来牡蠣は大嫌いでして・・正確には大嫌いでしたが美味い生牡蠣を酔った勢いで食って以来、新しくて美味いものに限り食えるようになりました。(笑
焼きは未体験ゾーンでしたが、ここの牡蠣は美味いと評判でしたので行ってみました。
なるほど、「美味い!!!」

船越のカキ、こういうテントが3軒あります。
2007-2-12-c350032.jpg


ひと盛「1000円」也
2007-2-12-c350031.jpg


漁師さんがやってるわけです
2007-2-12-c350036.jpg


一緒に行ったK君
2007-2-12-c350038.jpg


もう一人、ビールが飲みたいN君
2007-2-12-c350030.jpg

今度はお持ちお帰りで、お家でビールと一緒にやりたいもんです!!

KONICA C35
CENTURIA SUPER 400
C-41


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。