Doru`s Bar  

趣味の海と写真。そしてお仕事のこといろいろ書きます。  

スポンサーサイト

Posted by doru on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EOSだけではないのね~~

Posted by doru on   4 comments

あらら~~
シャッターがちゃんと開いてないのね~~
数枚がこのようになってしまいました・・・
もう5年ほど前に一度同じ症状になったんですが、ジッポオイルでフキフキしただけでほっておいたらまた出た。
これもダンパーなんですか??


かろうじて生き残ったカット
2007-10-25fm0015.jpg


2007-10-25fm0007.jpg

2007-10-25fm0009.jpg


NIKON FM
NIKKOR 50㎜/1.4
KODAK GOLD200

スポンサーサイト

指輪

Posted by doru on   9 comments

私の結婚指輪は入らなくなってしまいました。
はずすからじゃ~!とか、太るからじゃ~というクレームは受け付けておりません。

2006-6-3fm0007.jpg

135mmって俺向きかな??

Posted by doru on   10 comments

1,2度使っただけでお蔵入りだった135mmだが、久々に使ってみたら50mm
の様に寄らなくていいから被写体に意識されなくていいね~。
シャイな僕にはちょうどいいかもしれない。
80mmや135mmだけでスナップやってみようかな??
NIKON FM
NIKKOR-Q Auto 1:3.5 f=135mm
SS
先日の体脂肪の少ない彼はこんな顔。
2006-6-3fm0004.jpg

びーちく

Posted by doru on   12 comments

やはり今日、梅雨入りいたしました。
F氏は雨男ならぬ梅雨男かしら・・・(笑

昔はあっしもこんな身体だったんだけどな~
NIKON FM
NIKKOR-Q Auto 1:3.5 f=135mm
ss
随分オーバーでした。
2006-6-3aires0015.jpg

駅跡

Posted by doru on   16 comments

ここに炭坑が存在していた頃は当然これを利用して石炭を運んだんでしょう。その後の国鉄時代も当然大活躍したでしょう。
志免駅は「鉄道公園」として残っていました。
NIKON FM
Ai50/1.4
2006-1fmfile0004.jpg

2006-1fmfile0006.jpg

2006-1fmfile0008.jpg

2006-1fmfile0010.jpg

2006-1fmfile0007.jpg

2006-1fmfile0002.jpg

これから近所で一杯飲んできます。

3億6千万円・・・

Posted by doru on   12 comments

これだけの大きさの建物なので、壊すのに3億4千万円、
保存するのに3億6千万円かかるとか...
だから、現代まで手付かずで残ってきたのでしょうね。
しかし、一昨年の台風によりコンクリート片が落下し、ゆっくり考えている暇はなくなりました。

NIKON FM
Ai50/1.4
tokina 100-300
手持ちの手ぶれお許しを
2006-1fmfile0001.jpg

2006-1fmfile0015.jpg

2006-1fmfile0018.jpg

ワイディングタワー

Posted by doru on   10 comments

立坑は、石炭の出る地層まで縦に掘った穴のことで、立坑櫓は、昇降する機械を取りつけたタワーのことです。
立坑櫓の規模は、地上52.2メートル、鉄筋コンクリート造のワイディングタワー形です。
1,000馬力のケーペ巻上機で地下430メートルまで昇降し、抗夫や石炭、資材の搬出入をしていました。
昭和18年に完成していますが、立坑部分の全面開通は昭和24年までかかりました。
この時代の同タイプのものは、日本で志免町だけです。
世界では3箇所、ボタ山とセットで残っているのは世界でここだけです。
現在は新エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)所有。

柵で囲まれているが、さらに3mほどの鉄板で強固に中への進入を阻んでいる。
2006-1-hiaffile0009.jpg


2006-1-hiaffile0014.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。